シャツとキャンドル

寒くなりましたねー。
紅葉がきれいだった通勤路ももう落ち葉でいっぱい。
水筒に入れる飲み物もあったかいものに変更です。
毎度毎度決まり文句のようになってきてますが、
日々本当に地味に暮らしておりますもので
あまり大したネタはありませんが記録として。
まずは秋の初めに作ったお洋服を少し。
411.jpg
スタンダードな形のボタンダウンシャツ
C&Sオリジナル コットンパピエ(木いちご)
だいぶ前に作ったシャツの型紙を少し手直ししました。
少し窮屈だったところが改善されて、より体系に合ったように思います。
412.jpg
クレリック風シャツ
リバティプリント/jonathan(ジョナサン)
今季こそ、チャレンジしようと思っていたマスタード系服 第1弾。
鉛筆の削りかす模様…と聞いて、何故だか欲しくなってしまった生地です。
(その訳の分からない感じが好き。笑)
上のボタンダウンシャツの衿と袖を少しアレンジしてクレリック風に仕立てました。
衿と袖が白になるだけで、苦手色(顔色悪く見える色)もクリア。
それからこちらも今季こそやってみたいと思っていた
クリスマスのフラワーアレンジメント。
717.jpg
初 フラワーアレンジメントにしては奇跡的出来栄え。
もしかして、その道の方がご覧になったら
どっひゃー!な出来かもしれませんが
初!ということで見逃して下さい。
416.jpg
クリスマスまでもつように、ひとつは家の中でもちょっと寒めの階段に置きました。

シンプルなかぶりのブラウス

以前、美容院で見た何かの雑誌に
女性のファッションを
・無糖(超シンプル。基本色物はなし。
 白・黒・紺・グレー・ベージュのワードローブ)
・微糖(ちょい甘。さし色にさわやかキレイ系も
 プラスしたワードローブ)
・加糖(・・だったかな?フリル・レース・ピンクに
 パステルに、うーんもぅ、かわいいっ!なワードローブ)
に分類して紹介するというけっこう強引な
(でも面白いしなんか例えがわかりやすいかも!
って楽しく読みました)特集を見たのですが、
その分類でいくと無糖ブラックな感じの
かぶりのブラウスを作りました。
とにかく着やすくて着ていて楽チンが基本なので、
いつものようにパターンにこだわりましたが、
全部同じじゃつまらないし、それぞれちこょっとずつ
雰囲気を変えて4着ほど作ってみました。
IMG_3196.JPG
これがその無糖バージョン
C&Sオリジナル リネンツイル(木イチゴ)
衿ぐり・袖見返しにはリバティプリントのコットンテイル
IMG_3382.JPG
無糖さわやかバージョン
C&Sオリジナル リネンツイル(ホワイト)
衿ぐり・袖見返しにはリバティプリントのパトリシア
IMG_3381.JPG
IMG_3383.JPG
微糖バージョン
17~8年前に訪れたNYの古びたお店で買った
レースを肩の部分につけて仕立ててみました。
このレースはちょっとずつちょっとずつ大事に使って
きましたが、これで最後の最後まで使い切りました。
C&Sオリジナル リネンツイル(ベージュ)
IMG_3380.JPG
IMG_3384.JPG
微糖よりももう少し甘めの低糖バージョン
かわいい雰囲気になれる丸衿をつけ、
合わせたリバティも可憐な小花柄に。
C&Sオリジナル 幅広リネン(ホワイトベージュ)


ジャスミンのブラウス

前のものですが、記録のために作ったものを
少しずつアップしていこうと思ってます。
(普段、いたって地味~に生活してるので
それぐらいしかブログネタがありませんのです。^^;)
ジャスミンのブラウスです。
C&S海のブロードファクトリーブルーで作ったので
全然ジャスミンじゃなくなってしまいましたね。。。
00MG_3155.jpg
海のブロードはパリッとしていて扱いやすい生地だと思います。
厚みはシャツ生地よりもほんの少ししっかりしていて
シャツ、チュニック、ワンピース、スカートでもOK。
00MG_3152.jpg
(このブラウスは後ろにたっぷり寄せたギャザーが
いい感じですねー。)
ただ1点、パリッとキリッと清潔感あふれた
できる女史風に着たければ、アイロンかけが大変かも。。。
そんな「お洋服にしわ・・?あり得ないでしょー!」
って方はお洗濯の際、脱水しないでずぶずぶのまま干し、
生乾きの状態でアイロンをかけて頂くと
パリッ、キリッ仕上げも可能です。^^
00MG_3153.jpg
(そういう私は既製品のアイロンかけが苦手。
ちょっとよれよれしてるのはどうかお見逃しください。)

リバティプリントなスカート

リバティプリントの生地。
かわいいの、ポップなの、エレガントなの、
マダムなの・・・本当にいろんな柄があります。
そんなリバティプリントを使って簡単なスカートを作りました。
ウエストはゴム仕様なので、食べ過ぎOK!飲みすぎてもOK!
トップスで隠しておけば、そんなウエスト野放しな
スカートには見えないところが秀逸です。
00MG_3134.jpg
00MG_3135.jpg
こちらの柄は「Glencot House 」という名前の生地。
リバティの中でもこんな感じの風景柄が特に好きです。
輸入タイプの140センチ幅です。ウエスト部分はポリエステルの
バックサテン生地を使いました。
00MG_3137.jpg
00MG_3139.jpg
こちらは「Howells Ladders」 名前の通り梯子がいっぱい。
かわえーじゃないのーとひと目ぼれでした。
00MG_3140.jpg
00MG_3143.jpg
こちらは「Epicalyx」輸入の140センチ幅
この生地も黒地なのとわけわかんない柄の組み合わせに
ぐわっとハートを鷲づかみにされちゃいました。
大人っぽい雰囲気とリバティっぽくないところが気に入っています。
(参考:C&Sおまけレシピ)

ボーダーボーダー

ちょっと厚手の天竺ニットでワンピースなど作りました。
厚みがあってしっかりめのニット生地です。
伸縮性も低めなのでミシンで縫ってもびろろーんと伸びたりしませんし
お洗濯にもタフなのも、とてもいいと思います。
ニット物にトライしてみようかな・・って方にお勧めのタイプです。^^
00MG_3129.jpg
今年の1月ぐらいに作りました。真冬にこれ1枚ではさすがに寒いので
ロングカーデ、ウール混の厚手タイツなどと合わせて着てました。
00MG_3131.jpg
最近入手したC&Sの大人の天竺。こちらも結構しっかり厚手です。
地色が濃い目だと透け感もなく(静電気防止のためもちろんペチコートは
着用してますが)安心でございます。
00MG_3128.jpg
こちらは結構前に作ったものです。
猫の隠れ家さんで買ったパネルボーダー。
写真では紺色に見えますが、ちょっと青、マリンブルーな感じです。
そもそもこの生地を自分にぴったりの形、かつ..着心地が良い
(これ私にとって最も重要!)ニットTシャツに仕立てたくて
自分の原型からパターンを引きました。
安価なニットで試作品を作り試行錯誤を重ね、
「天竺ボーダー鉄板パターン」に仕上げました。
ニットは伸縮性があって融通はききますが、ダーツなど小細工がきかない。
下手にパターンを作ってしまうと、ボーダーゆえにのぺーとした感じに
仕上がること間違いないので、こんなシンプルなのに原型操作とか
セカンドパターンでは展開とかも若干。
手のかかった子(パターン)なので、これからもまだまだ増産する予定です。笑

リネンチェックのボタンダウンシャツ

CHECK&STRIPEの小さなお店が
神戸の北野という場所にオープンした時、
そのお店で初めて買った生地です。
02_02.jpg
02_01.jpg
当時、我が家は色々あってちょっと大変な時期だったので
なんとなく思い出の生地となってしまって
なかなか使うことができませんでしたが、
当時大変だと思っていたことも、家族や友人たちのおかげで
ちゃんと乗り切ることができたし、今はもう笑って
「あのときは大変だったよね。でも苦労した甲斐あったよね!」って
自信を持って言うことができるので、すっぱりハサミを入れ、
着やすいスタンダードな形の台衿シャツに仕立ててしまいました。
白いデニムに合わせたり、いつものジーンズに合わせたりしています。

リバティプリントのブラウス

身長が170センチとちょっと。
体重もまあ身長なりにちゃんとあり、そんじょそこらの男性陣に
負けないくらいの立派な身体に育ってしまったわたくしですが
(お父さん、お母さん、どうもありがとー!!!)
このブラウスのパターンは怖いくらいにぴったり。
動きやすく、着心地も楽ちん!そしてちょっとだけきれい目に見える
まい ふぇいばりっと パターンです。
だからって…作りすぎでしょー。ユニフォームじゃないんだからと
言われつつも、手をかえ、品をかえ、まだまだ作る気満々ですよー。
03_01.jpg
<生地> リバティプリント / Unforgettable Moment(左・右)
03_04.jpg
03_03.jpg
こんな感じで芸もなくデニムに合わせて着ることが多いです。。。
03_02.jpg
<生地> リバティプリント / Laura and Alfie(左)
     C&Sやさしいリネン
03_05.jpg
03_06.jpg
03_07.jpg
<パターン> C&Sオリジナルパターン / 112(ブラウス)
<覚書>
・台衿の位置が高めなので、夏向けに衿ぐりを若干調整してバイアステープでくるみました。
 またその際、バイアス裁ちでカットした布をフリル襟に仕立てて一緒にはさみました。
・袖丈、約2センチ伸ばしました。
・肩甲骨が張っている体系のため、後ろヨーク丈を約2センチ延長して調整。

ノースリーブ

01_01.jpg
01_02.jpg
<パターン> CHECK&STRIPE FLORAL / p.10 ノースリーブチュニック
<生地> C&S 海のストライプのレース ミルキーウェイ 
<覚書>
・生地に張りがあるのでボリューミーにならないよう、ギャザー分量を減らして作成。
・生地全体にレース刺しゅうが施されているので、衿ぐりと袖ぐりをくるむバイアス布は
 C&Sの海のストライプ(刺繍のない生地)を使用。
・一番目立つ大きな花の刺繍部分を身頃の中心に合わせると、観た目バランスがGOOD!